LuraTech PDF Compressor

  • すべての文書をひとつのフォーマットで管理
  • 連続稼働でも安定した動作
  • 堅牢で実証済みの PDF 技術
  • OCR 付属
  • 外部依存のないデータフォーマット

LuraTech PDF Compressor の概要

LuraTech PDF Compressor Enterprise はサーバベースで大量の文書変換・圧縮を行うプロフェッショナルのためのソリューションです。LuraTech PDF Compressor Enterprise はどんなボリュームの文書でも処理することが出来る柔軟で拡張性の高いソリューションです。

スキャンされた PDF は PDF または PDF/A 形式に変換して、OCR で検索出来るようにします。Born Digital Module により、元々デジタルで作成された MS Office や PDF、Outlook の電子メールファイル(添付ファイルも含む)などをバッチ処理で PDF または PDF/A に変換します。

PDF Compressor の PDF および PDF/A の圧縮機能はオリジナルの画質を保持しつつ、ファイルサイズを大幅に削減して、ISO 規格に準拠した長期保存に適した形式に変換します。組込の OCR エンジンにより全文検索可能なファイルを作成します。また、外部連携機能により抽出したデータを既存のシステムヘ引き渡すことも可能です。

膨大なドキュメントの変換

LuraTech PDF Compressor は、スキャニングビューローなど日常的に文書の変換業務を行う企業と既に長年にわたって利用されています。入力から出力まで、アナログデータもデジタルデータもひとつのソリューションで自動的に安定して変換することが出来ます。

高い拡張性

LuraTech PDF Compressor は集中処理を行う様々なプロジェクト、小規模の物から何百万ものページを高速に処理する大規模な物まで、で数千本のインストール実績があります。

組込が容易

プロセス指向のソリューションとして、LuraTech PDF Compressor は既存のワークフローに容易に追加することが出来ます。バッチ処理とジョブリストによる処理に対応しており、前処理および後処理によって外部のシステムと連携します。

すべての文書をひとつのフォーマットで管理

LuraTech PDF Compressor Enterprise はスキャンされた文書でもデジタルで作成された文書でも、あらゆるデータをひとつのフォーマットへ変換することが出来ます。文書ファイルの標準化を徹底することで、将来必要となり得る処理における時間と労力を節約することが出来ます。

連続稼働でも安定した動作

PDF Compressor Enterprise はプロフェッショナルな利用シーンであらゆる要求に応えます。長年にわたる開発とテストの経験により、世界中で安定して動作しています。

OCR 付属

ABBYY 社製の OCR 技術によりすべての PDF および PDF/A はテキスト検索が可能です。

外部依存のないデータフォーマット

LuraTech の優れた MRC 圧縮技術により文書ファイルを圧縮し、ストレージと帯域のコストを低減します。

柔軟なライセンスモデルでコストコントロール

お客様のビジネスにあわせて LuraTech PDF Compressor の利用方法を変化させることが出来ます。LuraTech PDF Compressor はお客様の業務やニーズに合わせて適応させることが出来るので、お客様は費用対効果を高めることが出来ます。たとえば仕事のサイズが変化したときに新しいソフトウェアパッケージを購入する必要はありません。ライセンスモデルを上位のクラスに変更するか、ページカウントへ移行することが出来ます。これにより費用対効果を管理することが出来ます。

大規模処理と安定性

LuraTech PDF Compressor Enterprise はその柔軟性により、スキャニングビューローや企業の文書管理部門など、どのような文書管理システムのニーズにも応えます。LuraTech PDF Compressor Enterprise は単発的な物から大規模なプロジェクトまで、長年にわたり安定して稼働しています。

優れた文書圧縮

数々の受賞歴がある MRC (Mixed Raster Content) 圧縮技術は高解像度の二値画像やグレイスケール、カラー画像を 1/100 以下に圧縮します。ストレージや帯域のコストを大幅に削減しながら、画質と可読性を保ちます。

組込 OCR 機能

ABBYY 社製の OCR 技術により検索可能な PDF や PDF/A を作成するばかりでなく、XML や MS Word、テキストファイルなどの形式で出力することも可能です。

国際標準準拠

LuraTech PDF Compressor Enterprise PDF や PDF/A など国際標準に準拠したファイル形式で出力します。これにより、特定の技術に依存せずに、外部のシステムとの相互運用が可能になります。ISO 準拠の PDF/A 形式は長期間にわたって PDF/A 準拠のシステムで利用できることが保証されます。

デジタル文書変換のための Born Digital アドオンモジュール

Born Digital アドオンモジュールにより、デジタルで作成された MS Office や Outlook 電子メール、PDF ファイルでも、スキャンされた文書と同じように一括処理が可能です。

技術パートナー

LuraTech は製品向上のために世界の優れた技術を組み込んでいます。たとえば、ABBYY 社製の OCR 技術により、高圧縮 PDF で全文検索が可能になりました。

柔軟なライセンスモデル

LuraTech PDF Compressor Enterprise には、プロジェクトベース、年間ライセンス、無制限ライセンスの 3 つのライセンスモデルをご用意していますので、お客様のご利用形態に合ったライセンスモデルを選択していただくことが出来ます。

Basic Advanced Server
ページカウント:
所定のページ数だけ変換することが出来ます。ページカウントは 100,000 ページから数百万ページまでご用意することが出来ます。
年間ページカウント:
毎年所定のページ数まで利用することが出来ます。
無制限
すべての CPU コアを使用して変換します。 すべての CPU コアを使用して変換します。 許諾された数の CPU コアを使用して変換します。(CPU ライセンス)
次の利用シーンに適しています:

  • プロジェクトベースの文書変換
  • データ移行プロジェクト
  • 過去の紙文書の変換
  • 未処理のまま残った文書の変換業務の完遂
次の利用シーンに適しています:

  • 進行中の中規模までのプロジェクト
  • 注文書類の処理
  • 進行中の文書圧縮プロジェクト
次の利用シーンに適しています:
スキャニングビューローなど日常的に文書の変換業務を行う組織で、一度のライセンス購入でコストが削減出来る場合。
その他
有効期限はありません。ページカウントはいつでも追加することができ、ソフトウェアのバージョンに関係なく利用することが出来ます。
その他
年間ページカウントを使い果たしてしまった場合、Basic モデルと組み合わせページカウントを追加することが出来ます。
その他
追加の CPU ライセンスを購入することで、毎月数百万ページもの処理が可能になります。

システム要件

  • Windows® 32-bit or 64-bit, Windows 7 / Windows 8 / Windows 10 / Server 2008 / Server 2012
  • CPU: 1 GHz。 2 GHz 以上を推奨。
  • RAM: 最低 1 GB。 各コア毎に 2 GB を推奨。64 bit システムで大きな文書を変換するにはさらに多くのメモリが必要です。
  • HDD: 1 GB の空き領域
  • Microsoft® .NET Framework 4.0