SharePoint環境でPDFドキュメントにAD RMSポリシーを適用

Microsoft SharePoint は企業のコラボレーションツール、文書管理プラットフォームとして広く利用されています。SharePoint のドキュメントライブラリには標準のフォルダやファイルのアクセス権の他に、Information Rights Managemen (IRM) と呼ばれるアプリケーションレベルの詳細なアクセス権を設定するための機能が備わっています。Office SharePoint Server 2007 と SharePoint Server 2010 では標準で Microsoft Office ファイルに対して IRM を適用することができます。Foxit PDF Secure RMS Protector をSharePoint にインストールすると IRM を PDF ファイルに拡張して MS Office ファイルと同じワークフローで PDF ファイルの IRM を実現することができます。

IRM が適用された PDF ファイルは IRM 対応の PDF リーダーで表示する必要があります。Foxit Enterprise Reader や Foxit Phantom を使用すれば IRM が適用された PDF ファイルを開くことができます。Foxit Enterprise Reader および Foxit Phantom は Microsoft が提唱する PDF の IRM に準拠していますので、PDF の IRM に標準対応している SharePoint 2013 や将来のバージョンの互換性も安心です。
また、Foxit Enterprise Reader / Foxit Phantom には SharePoint との連携機能が備わっており、Foxit Enterprise Reader / Foxit Phantom から直接 SharePoint のドキュメントライブラリに保存されている PDF ファイルを操作することができます:

  • SharePoint ドキュメントライブラリのブラウズ、およびファイルのオープン
  • SharePoint ドキュメントライブラリへのチェックイン、チェックアウト機能
  • SharePoint ドキュメントメタデータの編集

phantom_sharepoint_checkin
phantom_sharepoint_property

Foxit Enterprise Reader / Foxit Phantom は SharePoint のアクセス権限設定によって以下のような固有のアクセス許可ポリシーを割り当てています:

フルコントロール 文書の閲覧、ページの抽出と内容のコピー、文書の変更、低解像度で印刷、高解像度で印刷、アクセシビリティのための内容の抽出、注釈、フォームフィールドの入力、文書アセンブリ、JavaScriptの実行
編集 文書の閲覧、ページの抽出と内容のコピー、文書の変更、アクセシビリティのための内容の抽出、注釈、フォームフィールドの入力、文書アセンブリ
閲覧 文書の閲覧

phantom_irm