AIとの出会いが劇的に変えた
見るだけのPDFから創造するPDFへ

最新のテクノロジーの実装がPDFを
見るだけのPDFから創るPDFへと進化させました。
Foxit PDF Editor 2023はデーターを流出させることのない
安心のAzureOpenAIサービスを実装し、
あらゆるシーンで利用できビジネスにおける作業効率を
大幅に改善し生産性を向上します。

「Foxit PDF Editor 2023」が話題のChatGPTと連携

ReaderとEditorの両方を同時に提供で来るPDFの専門企業Foxitが、
PDF編集ソフト「Foxit PDF Editor 2023」にAzure Open AIサービスを搭載、
PDFソフトの使用領域を一気に拡大しました。

実践的なプロンプトをプリセットし、文書インフラとしてのPDFファイルに最大限のAI Powerをご活用いただけます。
※AIは日々進化しておりますので、プロンプトは予告なく変更される場合があります。

テキストを翻訳

テキストを翻訳

スペルと文法を修正

スペルと文法を修正

説明を表示

説明を表示

テキストの記述を改善

テキストの記述を改善

テキストを要約

テキストを要約

文書についてチャット

文書についてチャット

文書を要約

文書を要約

PDF Editorを操作

PDF Editorを操作

1 / 8

テキストを翻訳

翻訳したいところをドラッグするだけで、指定の言語に翻訳できます。英語や中国語だけでなく、フランス語やロシア語など16か国に対応しています。

2 / 8
スペルと文法を修正

スペルと文法を修正

例えば英文のメールを書くときなど、メモ帳や
Wordを使い作成した下書きをAI AssistantにドラッグアンドドロップするとPDF化されますので、「スペルと文法を修正」を選んで実行します。スペルと文法が同時に修正された綺麗な英文ができあがります。
できた英文をそのままPDFに貼ってメンバーと共有したり、メールに貼って送信することができます。

3 / 8
説明を表示

説明を表示

PDF文章内の単語やフレーズの意味を教えてくれます。

4 / 8
テキストの記述を改善

テキストの記述を改善

AI Assistantを使いテキストをより伝わりやすい言い回しに改善することなどができます。
また紙で残っている過去の資産をスキャナで読み込みOCRでテキスト付PDFに変換し、時代に即した表現に改善するなどして再活用する支援も可能です。

5 / 8
テキストを要約

テキストを要約

コロナ禍を経てPDFの活用比率は大幅に増加し、文書交換のインフラとしての地位をPDFは確立しました。法令の改正や業務に関連した分野の電子文書は大量にインターネット上にPDFで公開されています。
この機能でダウンロードしたPDF文書内の文章を要約できますので、文章の内容の把握がスピーディーに行えます。※50プロンプト/日

6 / 8

文書についてチャット

複数ページのPDF文書をそのまま読み込み、AIが内容を把握します。
対象文書に対する想定質問と回答を表示し、回答に不十分な要素を事前に把握することができます。

7 / 8
文書を要約

文書を要約

複数ページのPDF文書を読み取り要約しますので、長文のPDF文書の内容の把握が容易にできます。※100ページ/月

8 / 8
PDF Editorを操作

PDF Editorを操作

正式名称:スマート PDF コマンド
現在の文書からページ1を抽出/現在の文書をdocx に変換/表示のズームを 100% に変更。
現状は3つのコマンドをプリセットしています。
(さらに追加される予定です。)

生成AI搭載の
「Foxit PDF Editor」の特徴

始めて生成AI(ChatGPT)に
触れる方も迷いません

生成AIを使いこなすキモはプロンプトの作り方です。はじめてお使いになる方もすぐに迷わず使えるよう、あらかじめテキストを翻訳、スペルと文法を修正、説明を表示、テキストの記述を改善、テキストを要約、文書についてチャット、文書を要約、PDF Editorを操作の実践的なプロンプトをプリセットしてあります。

東京都が東京都職員向けに、
文章生成AIの利活用に関する
ガイドラインを発表

日本を代表する自治体でも、生成AIを積極的に活用していこうと指針が示されました。『生成AIに関する利用上のルールを定めるとともに、効果的な活用事例を掲載し、職員が新しい技術を正しく使いこなすことで、行政サービスの質を高め、都政のQuality of service向上へとつなげていく。』AIでPDF文書の活用範囲も大きく拡がることになります。

Open AIにデータが
行かないので安心です

Azure OpenAI を使用すると、顧客は OpenAI と同じモデルを実行しながら、90種類以上のコンプライアンス認証を持っているMicrosoft Azure のセキュリティ機能を使用できます。

”いつでも、どこからでも”
場所や時間を選びません

デスクトップ版、クラウド版、モバイル版のすべてにchatGPT機能がついています。そのため、デバイスや場所や時間を選ぶことなく、”いつでも、どこからでも”、さまざまな場面でPDF with 生成AIが使う方のスキルを向上させます。

生成AIとPDFの相性は抜群です。
見るだけだったPDFが、活用するPDFへと大きく変貌を遂げます。

要約に代表されるよう生成AIの活用は業務を効率化します。
生成AIを使う上で最も重要なことはプロンプト(質問)の作り方です。プロンプトの作り方ひとつで
生成AIの回答は変ります。1日のプロンプトは1アカウント50です。
プリセットされた様々なプロンプトをベースにいくつも質問をしてみましょう。
ユーザーにあらたな気づきを与える回答が生まれ、
過去の大切なデータを電子化して閲覧するにとどまっていたPDF文書が活き活きと輝きだします。

業務効率化
アップ

コスト削減

ミスの減少

生産性の向上

業務効率化アップ

業務効率化アップ

たとえば英文を作成するとき、1フレーズをインターネットの翻訳サービスを使って翻訳していませんでしたか?
翻訳機能を使えばユーザーの書いた日本語からフォーマルにもフレンドリーにもAI Assistantが相手に伝わりやすい英文にしてくれます。

コスト削減

コスト削減

生成AIを使用することで時間というコストを大幅に削減できます。
ユーザーが調べごとをするとき、インターネットから関連するPDFの文書をダウンロードして読むという作業は日常的に起こります。ページ数が多くて内容の把握が困難な場合もあると思います。1日50プロンプトを大いに活用しましょう。 業務に関係がありそうな文章をドラッグしてAI Assistantの要約を使えばすべて読む時間が節約できます。

ミスの減少

ミスの減少

社内回覧文書を始め、外向けの文書などPDF形式にして送信することが大半です。
これから公開しようとしているPDFが本当に相手に伝わりやすい文章か、相手に失礼はないかAI Assistantのテキストの記述を改善点はないか確認してみましょう。

生産性の向上

生産性の向上

いままで検索エンジンを使い、キーワードを入力しいろいろな情報をあちらこちらから集めて見比べていたのではないでしょうか?
それらをひとつのPDFにまとめてAI Assistantに一番知りたかったことを訊ねて回答を箇条書きにしてもらいましょう。このようなまとめ作業がものすごく効率的にできます。

Foxit PDF Editor
×
さまざまな業種

生成AIとの付き合い方はそれぞれの業種で多種多様。
相談相手が隣にいるつもりで遠慮なく聞いてみましょう!

小売業

小売業

売り出し商品のチラシの
文言は伝わりやいかチェック!

官公庁

官公庁

過去資産の紙データーを
スキャンしてOCRでテキスト付PDF化、文書を再構成して再利用!

情報通信業

情報通信業

提案書がわかりやすい
内容になっているかチェック!

教育

教育

生徒が興味を抱くような
設問になっているかチェック!

サービス業

サービス業

求人広告の内容や
業務の内容を多言語に変換!

製造業

製造業

プロジェクトの内容はNDAに
きちんと反映されているかチェック!

医療機関

医療機関

患者さんにお配りする資料が、
わかりやすい表現に
なっているかチェック!

卸売業

卸売業

製品入れ替えの内容が旧製品と
新製品の違いがわかりやすく
示されているかチェック!

料金

AI Assistant付きデスクトップ版、
Cloud版 + Mobile版となります。

Foxit PDF Editor 2023 Win

11,220

(税込)/ 年

Foxit PDF Editor 2023 Mac

11,220

(税込)/ 年

Foxit PDF Editor 2023 Win Pro

13,200

(税込)/ 年

LGWAN出のご使用に関するお問い合わせもこちら

大規模な導入を
ご検討中のお客様

「自社にはどういったプランが最適か」
「画面共有で機能を説明をしてほしい」
「100ライセンス以上 の見積りがほしい」
「ライセンスとアカウントの管理方法や使用権限について」
「LGWANのご使用について」
などのご質問・ご相談が可能です。