Foxit PDF Editorで電子帳簿保存法改正に対応するには

令和4年1月1日から施行される電子帳簿法改正への対応準備は整いましたか?

国税庁公式ホームページはこちら
電子帳簿保存法取扱通達解説はこちら



令和4年1月1日施行、 帳簿書類を電子的に保存する際の手続等について抜本的な見直しがなされました。

概要

1. 電子帳簿等保存の改正点 電子データの保存の事前承認制度が廃止

2. 電子取引の改正点 出力書面の保存による代替措置が廃止に(紙に印刷して保存は不可)

3. スキャナ保存の改正点 タイムスタンプの期限が大幅に緩和(遅延なくから最長2ヶ月+7日以内に) 紙原本の廃棄が可能に


タイムスタンプに関する注目点


タイムスタンプは重ねられませんので送り手側または受領側のどちらか一方がタイムスタンプを打ちます。また送り手側と受領側の双方共にタイムスタンプの付与がない場合は、受領側にNTPサーバーに同期したシステムが必要になります。


タイムスタンププラグインを使いこなす

タイムスタンプは、データが「いつ」の時点で存在し、それ以降改ざんされずに証拠性を保っている事を第三者的に証明する事ができます。タイムスタンプを押してファイル名に「取引年月日」「取引金額」「相手方」を統一した順序でつけデータの保存に関する社内の事務処理規定とともに格納先に保存すれば、削除・訂正・ログの確認のための難しいシステムの導入も不要です。またタイムスタンプは有効期限が10年とされていますので、タイムスタンプの付与で、法人税法で定める帳簿書類保存期間の7年を満たすことが可能となります。

(1) Foxit PDF Editorの保護メニューからe-timingのプルダウンメニューからタイムスタンプ環境設定を選択します。


(2) 印面設定タブのタイムスタンプの印影を表示するのチェックを外します。※AcrobatReaderなど他社製Readerでも署名の有効性が確認可能になります。

    

(3) 保護メニューのe-timingプルダウンメニューからスタンプの生成を選択しPDF上の任意の場所にスタンプします。

(4) タイムスタンプを押したPDFは、開く毎にデータの存在と非改竄の証明が行われるようになります。



システム使わず国税の検索要件を満たすには

また、データ保存の際には、「取引年月日」「取引金額」「相手方」の項目にて検索ができること、真実性の要件として、ある時刻にそのデータが存在しており、それ以降改ざんされていないことを証明すること、そして税務職員による質問検査権に基づく電磁的記録のダウンロードの求めに応じることができるようにすることが必要です。

 



Foxit PDF Editorなら

Foxit PDF Editorは、10回 / 月・120回 / 年のタイムスタンプを無料でバンドルしておりますので、導入したその時からすぐにタイムスタンプが使えます。
月10回以上のタイムスタンプが必要な場合はアマノタイムスタンププラグイン1年単位回数無制限サブスクリプションをFoxitオンラインストアで追加購入いただけます。

Foxitオンラインストアはこちら から。※ご使用にはFoxit PDF Editor(Win)またはFoxit PDF Editor Proが必要です。

PAGE TOP