Foxit PhantomPDF & Microsoft Office 365

  • Microsoft Office 365 を利用した IRM の活用
  • Azure RMS による社外ユーザーとの文書共有
  • ファイルのアクセス権をリモートコントロール
  • 企業の情報漏洩を防止

IRM / AD RMS / Azure RMS とは?

Active Directory Rights Management Service (AD RMS)は Microsoft の Active Directory のユーザー情報を利用してファイルを暗号化し、編集や印刷などのアクセス許可を設定するための Windows Server が提供するサービスです。この AD RMS を Microsoft のクラウドサービスで利用できるようにしたものを Azure Rights Management (Azure RMS) といい、Azure Information Protection (AIP) の文書保護機能のフレームワークです。Azure RMS は AIP や Windows AzureOffice 365 で利用することが出来ます。また、この AD RMS や Azure RMS を利用してアプリケーションからファイルアクセスの制御を行うことを Information Rights Managenent (IRM) と呼びます。たとえば Microsoft Office 2013 や Microsoft SharePoint 2013、 Exchange Server 2013 は AD RMS による IRM に対応しています。
そして、Foxit PhantomPDF も、もちろん、企業での PDF 文書の保護に威力を発揮する AD RMS による IRM に対応しています。Foxit PhantomPDF の IRM を利用すれば、オンプレミスの Windows 環境でも、Office 365 などのクラウド環境でも、PDF 文書を安全に保護し、企業を情報漏洩から守ります。


Microsoft Office 365 を利用した IRM の活用

Microsoft Ofifce 365 の Enterprise エディションを利用していれば、Azure RMS を利用することが出来ます。デフォルトで閲覧専用と印刷可能なポリシーテンプレートが付属していますので、Foxit PhantomPDF をインストールすればすぐに Office 365 の Azure RMS を利用することが出来ます。
Foxit PhantomPDF で Office 365 で Azure RMS を利用するには、あらかじめ Active Directory Rights Management Service Client 2.1 と Microsoft Online Services サインイン アシスタントをインストールしておく必要があります。これらのプログラムは下記からダウンロードすることが出来ます:

また、Foxit PhantomPDF のローカルポリシーテンプレートを利用すれば、Azure RMS のポリシーテンプレートが提供しないセキュリティ機能も利用することが出来ます。Foxit PhantomPDF のローカルポリシーテンプレートで利用できる機能は以下の通りです。

  • 詳細なアクセス権の設定:フルコントロール、文書の閲覧、低解像度で印刷、高解像度で印刷、フォームフィールドの入力、注釈、文書アセンブリ、文書の変更、アクセシビリティのための内容の抽出、ページの抽出と内容のコピー、JavaScript の実行
  • 動的透かしの設定:テキストの表示、ユーザ名の表示、ファイルを開いた日時の表示など
  • 有効期限の設定

Azure RMS による社外ユーザーとの文書共有

Azure RMS のサービス RMS for Individuals を利用すると、社外のユーザーと PDF 文書を共有することが出来ます。RMS for Individuals を利用するには、社外のユーザーに RMS のアカウントを取得してもらう必要があります。RMS for Individuals のアカウントはこちらで作成できます。社外ユーザーに RMS for Individuals のアカウントを作成してもらったら、後は Foxit PhantomPDF で RMS による保護を実行するだけです。ユーザー名に RMS for Individuals のアカウントを指定すれば、社外のユーザーも保護されたファイルを開くことが出来ます。

また、Office 365 の SharePoint Online の IRM を使用して社外ユーザーと PDF ファイルを共有することも出来ます。IRM が適用されたライブラリで、アイテムを選択し共有相手に IRM for Individuals のユーザーを指定するだけで、SharePoint Online 上の IRM で保護された PDF ファイルを社外のユーザーと共有することが出来ます。