世界中で支持を集めるPDFソリューション

【Red Fox】投稿一覧

  • 第6回

    こんにちは。Red Fox です。
    今回は連邦機関の記録保持要件についての前編をお話しします。

    2018~2022年の計画にあるように、NARAの近代化への変革には、政府が紙の記録に依存しにくくするためのイニシアチブが含まれています。連邦電子記録近代化イニシアチブ(FERMI)は政府機関に、近代的で標準化された、費用対効果の高い政府全体の記録管理ソリューションとサービスを提供することを目的としています。NARAは、政府機関が電子記録管理へ移行するための出発点となるシステム要件の指針として、ユニバーサルERMをまとめました。

    後編に続きます。

  • 第5回

    こんにちは。Red Foxです。
    今回は、電子記録管理の重要性についてお話しします。

    NARAや他の多くの政府機関は、歴史的にアナログレコードを個別のシステムで管理してきましたが、これは複雑でコストがかかります。紙ベースのシステムは記録の量が毎年増加するにつれて、永久に貴重な記録を失うリスクを高めます。電子記録管理を採用して紙の記録をなくす取り組みは行政部門全体で行われており、長期的にはより効率的で安全になります。このデジタル変換は、記録管理のコストと複雑さを軽減するだけでなく、21世紀の舞台への枠組みとなります。
    このような理由から、NARAはすべての連邦機関へ2019年末までに恒久的な電子記録を電子的に管理し、NARAに送信することを義務付けました。しかし調査では、わずか33%のみが2018年度にすべての記録をNARAに送信でき、連邦機関の大部分が期限に間に合わないことがわかりました。

    次回は、連邦機関の記録保持要件についてお話しします。

  • 第4回

    こんにちは。Red Fox です。
    FoXitグローバルから、本社のブログをご紹介します。
    今回から数回にわたって、国立公文書記録管理局(NARA)の記録管理要件についてお話しします。

    記録とアーカイブは政府の基盤であるため、適切に管理する必要があります。近年、連邦記録管理の改革と近代化への移行が行われています。ホワイトハウスが2018年に発表した再編計画によると、連邦政府機関は紙の記録を維持するために数十億ドルを費やしています。連邦政府機関の有効性を高めるために、国立公文書記録管理局(NARA)は、電子記録管理への移行を先導しています。これは、連邦政府のすべての職員に何らかの形で影響を与えるため、変更を自身のために機能させる方法を理解することが重要です。

    次回は、電子記録管理の重要性についてお話しします。

  • 第3回

    こんにちは。Red Fox です。
    今回は後編として、自動化の手順をご紹介します。

    1.[ファイル] タブで [アクションウィザード] を選択し、[新しいアクションの作成] > [作成] をクリックします。

    2.デフォルトでは、現在開いているファイルが処理されるファイルになります。

    3.次に左側の列からタスクに必要なツールを選択し、右側の列に追加します。[上下に移動] でタスクを並べ替えたり、[削除] でタスクを削除できます。タスクは設定した順序で実行されます。

    4.一部のタスク (ヘッダーとフッターの追加、透かしの追加など) では、[設定の指定] でオプションを事前に決めることができます。

    5.一部のタスクでは、[ユーザープロンプト] をオンにして、アクションの実行時にオプションの選択または設定の指定を求めるプロンプトを表示できます。

    6.その他の設定:
    (1) 無題ラベルをダブルクリックして、パネルの名前を変更します。[パネルの追加] でパネルをグループタスクに追加します。
    (2) タスクを選択し、[命令の追加] でその下に命令を追加します。
    (3) [仕切りを追加] で選択したタスクの下に仕切り線を追加します。
    (4) [上下に移動]で選択したタスク/命令/仕切り線/パネルを移動するか、[削除]で削除します。

    7.[保存] をクリックします。

    8.アクションに名前を付け、ダイアログボックスにアクションの説明を入力します。次に[OK] をクリックします。

    アクションウィザードで [保存] オプションを使用して、変更を伴う一連のアクションを再利用することもできます。決められたコマンドセットを任意の PDF ファイルに保存して実行すると、ワークフローを自動化して時間と労力を節約できます。今すぐお試しください。

  • 第2回

    こんにちは。Red Fox です。
    Foxitグローバルから、本社のブログをご紹介します。

    アクションウィザードを使用して、PDFで繰り返し実行されるタスクを自動化します

    38個のサブフォルダ全体に217個のPDFファイルが展開されているフォルダがあり、PhantomPDF内のすべてのPDFファイルのサイズを縮小するとします。各ファイルを開いて、1つずつ減らす必要がありますか?
    幸いなことに、答えはノーです。PhantomPDFのアクションウィザードを使用して、すべての作業をひとつのアクションで作成できます。
    アクションを使用すると、一連のコマンドを1つまたは複数のファイルに適用できます。スクリプトは必要ありません。これがすべてです。

    次回は後編として、自動化の手順をご紹介いたします。

  • 第1回

    はじめまして。Red Foxです。
    こちらではFoxitグローバルから、本社のブログや様々な情報を紹介していきます。
    Foxitは、ファイルおよび電子文書の作成、編集、署名、セキュリティ保護に使用するPDFソフトウェアやツールを開発しています。Foxitユーザーは約4億2,500万人にのぼり、世界200か国で10万社以上へ販売されています。
    これからよろしくお願いします。

コラムTOP

PAGE TOP