世界中で支持を集めるPDFソリューション

Web Video Signature(ビデオ署名)

クライアントアプリ不要、ブラウザだけでどこでも利用可能なビデオ署名

デジタル化に伴い、ペーパーレスが進化し、最近では規約への同意を含め契約事項もWeb上だけの簡単なチェックで済ませるようになってきました。
本来、署名とは、本人が自筆で氏名を手書きすることで筆跡は人によって異なりますので、筆跡鑑定を行えば、署名した本人が契約した証拠として、その証拠能力はきわめて高いものです。
しかしデジタルで入力されたチェックマークなどでは、本人の筆跡が残らないため、署名に比べて証拠能力が低くなります。
最近ではタブレットに直接手書きで署名するケースも増えてきましたが、なりすましによるトラブルへの対応が問われています。
FoxitJapanでは、長年培ってきたPDFの技術を活かし、手書き署名とともに、署名者本人と署名行為を契約書上に動画と音声で同時に記録するソリューションを完成させました。

  • クライアント
    アプリ不要
  • 署名の様子を
    動画で保存
  • サインエリアを
    自由に設定
  • どこでも
    利用可能

詳細はフォームより
お問合せください

導入事例

  • 病院 医師が患者さんへの適切な医療行為を施すために、患者さんやあるいは遠隔地にいるご家族に同意を求めるケースに使います。
  • 保険会社 保険契約の際の被保険者のなりすましを防ぎます。
  • 不動産や携帯電話申し込みなどの各種契約ハンコの持ち出しやなりすましによる違法契約を抑止します。
  • 金融機関 お金をお預かりするほうも、お預けになる方もどちらも相手のお顔と声が残るので安心です。
  • ますますグローバル化が進むなか国際間の契約で相手の顔も見えずに契約書が飛び交います。
    明らかにサイン者の記録が残るので安心です。

レイアウトに合わせてサインエリアを自由に設定!
署名したドキュメントはダウンロードして、動画を含めたサインの確認が可能。

サインしている本人の様子が録画されPDFに埋め込まれます。利用中の書類レイアウトに合わせてサインエリアは設定できます。

オプション

電子文書に確定日時を付与し、改ざんの検知を可能にするタイムスタンプ機能。
Web Video Signatureのオプション機能には、より便利に証拠能力を向上させる機能が用意されています。
各機能をご利用いただくには、それぞれのオプションに必要なPlug-inをご利用いただく必要がございます。
各機能について詳しくは資料請求にてお問合せください。
  • タイムスタンプを利用することで、さらなる証拠能力の向上を実現

PAGE TOP