Foxit PDF SDK

  • エンタープライズやクラウド向けのアプリケーションに最適化
  • ハイパフォーマンスな PDF ライブラリ
  • 堅牢で実績豊富な PDF テクノロジー
  • PDF に必要なあらゆる機能がひとつのパッケージに
  • マルチプラットフォームの PDF SDK

多くの主要ソフトウェアに採用されている PDF テクノロジー

業界ナンバーワンの PDF テクノロジー

業界をリードする Foxit PDF SDK は、アプリケーションに強力な PDF テクノロジーを活用したい開発者に最適な製品です。PDF 規格に準拠し、PDF 文書の確実な表示、コンテンツ編集、注釈、形式化、ページ編集、検索、そして PDF フォーム入力を可能にします。この PDF SDK はプラットフォームに依存しない堅牢な PDF ライブラリ群を提供しますので、ソースコードの他のプラットフォームへの移植が容易で、素早く効果的に複数のプラットフォームへの対応を広げることが出来ます。この PDF SDK は、エンタープライズクラスのアプリケーションやクラウドベースのアプリケーションに最適化されています。傑出した描画機能と文書・フォームの編集機能と共に、堅牢でスケーラブル、ハイパフォーマンスな PDF テクノロジーを提供します。これにより、あらゆるデバイス、複数のプラットフォームでのコンテンツ利用を実現します。
また、迅速な開発を支援するため、コンサルティングとサンプルプログラムを提供します。

SDK を利用した標準的なアプリケーション

Foxit PDF SDK の典型的な利用シーンは、PDF 文書やフォームを扱うエンタープライズクラスのアプリケーション、およびクラウドサービスです。通常 PDF SDK アプリケーションは、C または C++ で作成され、サーバー、クラウドベースであり、Windows と Linux プラットフォームで動作します。Foxit PDF SDK を使用するアプリケーションは、以下の機能を必要としています:

  • ネットワーク経由でのサイズの大きな文書の迅速な閲覧、およびデスクトップやモバイルなど多様なアプリケーションからの閲覧。例:Web アプリ
  • 暗号化/復号による PDF ファイルのセキュリティ設定、または、カスタマイズされた Digital Rights Management (DRM) や Information Rights Management (IRM) セキュリティソリューションとの連携。
  • 画像 (スキャンした文書) からの PDF 作成、または PDF から画像への変換。
  • バーコードの PDF フォームと文書への適用。
  • 文書管理と自動編集機能(テキスト編集、印刷、テキスト操作、抽出、平坦化、ページサイズの調整、検索、検索による置換など)。
  • 既存 PDF ファイルを結合、または指定ページを編集して新しく PDF 文書を生成。
  • スタンプ、透かし、その他の注釈を一括適用。
  • 手書き PSI 署名を使用したプログラム処理による文書への署名。
  • PDF ファイルをモバイルデバイスのレンダリングに最適化。
  • プログラム処理によるメタデータとプロパティの変更。

Foxit PDF SDK は API を通じて、これらすべての機能を、高いパフォーマンスと精度で提供します。

最強の PDF SDK

Foxit PDF SDK のライブラリ群は、今日の主要なアプリケーションで既に広く利用されています。数多くの実績があり、堅牢で、無数のテストに耐えてきた Foxit の PDF テクノロジーは、業界最大規模のアプリケーションにも耐えうる品質、性能、機能を提供します。

  • PDF をオールインワンのパッケージで提供 – PDF の表示や、ユーザーが PDF 文書やフォームに対話操作するといったアプリケーション開発者に必要な機能のすべてを提供します。
  • 堅牢な API 実装 – すべての PDF 文書が適切に作成されているわけではありません。Foxit の PDF テクノロジーの幅広い実績により、規格に沿わない PDF に対しても質の高いレンダリングを提供します。
  • PDF 機能ではなくアプリケーション本来の付加価値の開発に集中することで、顧客に対し独自の製品提供が可能 – PDF のノウハウを持たない開発チームには特に有効です。独自に PDF を学習して実装するには、多大な時間と多大なリソースを必要とします。
  • すべて Foxit 独自の技術です。知的所有権の侵害に関する心配はありません。ソフトウェア開発のリスクを低減します。
  • 複数プラットフォームをサポートする幅広いソリューションです。異なるプラットフォームのために別の PDF ベンダーと契約する必要はなく、一つの契約で複数のプラットフォームをカバーすることができます。
  • 市場への製品投入期間や納期を短縮します。

マルチプラットフォーム SDK

Foxit PDF SDK は下記のプラットフォームで利用可能です:

  • Windows®
  • Linux™
  • OS X® (Mac OS®)

機能とメリット

機能
メリット
PDF レンダリング
高性能な PDF ライブラリにより、PDF ページ、ページオブジェクト、注釈、フォームを鮮明に、くっきりと、的確に、読みやすく、意図した通りにレンダリングします。アプリケーションは PDF 文書とフォームの表示、ズームイン、ズームアウト、印刷を実行できます。また、ファイルのレンダリングの開始、キャンセル、停止、続行が可能です。プログレッシブ処理により、開発者はアイドル状態のシステムリソースを使用して、ユーザーの操作性を向上できます。この PDF SDK は、リソースが限られたデバイスで優れたレンダリング速度を実現できるように最適化されています。PDF エンジンは大きな PDF 文書を短時間でレンダリングできるので、ユーザーに満足度の高い製品を提供できます。
リフロー
PDF はどの環境でも固定のレイアウトで表示するファイル形式です。ページ幅に応じた、ワードラップでの自動調整はできません。リフローは、ページサイズを変更したときに、ページコンテンツを自動で再配置する機能です。例えば、デスクトップとモバイルデバイスといった、サイズの異なるデバイスで表示する際に有用です。リフローを使用すれば、異なるデバイスでのレイアウトを考慮する必要はありません。この機能はリフローページのプロパティの作成、描画、リリース、アクセスのための API を提供します。
非同期操作のサポート
非同期操作は、文書全体を読み込みせずに PDF ページにアクセスする方法です。アプリケーションはファイルアクセスのために、PDF ファイルのすべてをダウンロードする必要はありません。例えば、残りの部分をまだロードしている間に最初のページを読み始めることができます。インターネット経由での PDF ファイルへのアクセス (Web 閲覧ソフトの場合) や、大きなサイズの文書へのアクセスに特に効果を発揮します。アプリケーションは、ページデータが利用可能な状態であれば、任意のページを開くことが可能です。
ページ操作
異なる PDF の指定したページ範囲を結合して、単一の PDF ファイルを作成できます。ページ範囲をベースに一つの PDF を複数に分割することも可能です。部分的に、またはすべての PDF ファイルを結合したり、PDF から任意のページを抽出して新しい PDF として保存したり、PDF ファイルから指定したページを削除したりすることができます。
注釈
注釈は PDF の強力な機能です。グループ内コラボレーションでのアイデアや意見の共有など、双方向性を向上させます。PDF SDK は、注釈の作成、プロパティへのアクセス、編集 (表示設定と描画) の API を提供します。また、FDF ファイルを介した注釈の読み込みと書き出しが可能なため、より簡単に注釈を共有することができます (マークアップ注釈のみサポート)。この API は、次のタイプの注釈をサポートします: ノート注釈、フリーテキスト (タイプライター)、線、長方形、楕円、多角形、折れ線、ハイライト、下線、波線、取り消し線、スタンプ、挿入、インク (鉛筆)
透かし
透かしは通常、テキストや画像、著作権表示などを文書にレイヤーとして埋め込んだもので、PDF の注釈として幅広く利用されています。透かしの目的は、仕事の状況の判別や、不正使用の防止です。Foxit PDF SDK により、透かしの作成、挿入、リリース、削除を可能にします。
感圧式デジタルインク (PSI)
PSI はインクの微妙なニュアンスを捕捉するための正確なコントロールを提供することで、ユーザは紙の上で行うように PDF に書き込みや描画を行うことができます。ユーザーは太さ、色、不透明度、テクスチャ (例: ブラシのテクスチャ) などをカスタマイズして、注釈の外観をさらに細かく設定することが可能です。
テキスト操作
PDF 文書内のテキストの抽出、選択、検索、修正など、アプリケーションにテキスト機能を実装できます。また、検索インデックスサービスにテキストを渡すためにサーバー側でも利用されます。このテキストエンジンは、他の PDF エンジンと比較してはるかに高速です。
ページオブジェクト編集
ページオブジェクトは、テキスト、パス、画像、フォーム X オブジェクトの簡単な操作を可能にする機能です。ページにある PDF オブジェクトを追加、削除することができ、特定の属性を設定できます。ページオブジェクト編集 API を使用することで、ユーザーはプログラム的にオブジェクトコンテンツから PDF ページを作成できます。ページオブジェクトの他の利用として、ヘッダーとフッターの追加、画像の追加、テンプレート PDF の生成があります。
低レベル PDF オブジェクト
Foxit PDF SDK は低レベル PDF オブジェクトへのアクセスを提供します。低レベル PDF オブジェクトへのアクセスの基礎となるカタログ辞書へのアクセスを提供します。また、低レベル PDF オブジェクトを表示、編集、追加する複数の方法を提供します(array、dictionary、integer、string など)。これにより、PDF ファイルから情報を取得して編集することが可能になります。高レベル API ではできない機能も、低レベル API を使用して実装することができます。
フォームと JavaScript
PDF フォームは、フォーム入力とデータ収集のための強力なメソッドです。入力が完了したフォームを保存して、データをバックエンドのデータベースに保存することができます。Foxit PDF SDK を使用して、プログラム的にフォームフィールドを表示、編集することができます。ユーザーはフォームの入力、JavaScript の実行、FDF (Forms Data Format) でのフォームデータの読み込みと書き出し、フォームデータへのアクセスが可能です。
セキュリティ
機密情報を含むファイルにセキュリティ保護を適用して、誰がファイルを閲覧、印刷、注釈、変更できるかを管理できる機能は、多くのアプリケーションが必要としています。Foxit PDF SDK は暗号化と復号に複数の方法を提供し、異なるレベルでの文書セキュリティ保護に対応します。パスワードや証明書による暗号化を実装したり、カスタムセキュリティ実装のための独自のセキュリティハンドラーを使ったりすることができます。標準のセキュリティハンドラー (40/128 bit RC4 encryption)、128 bit AES (Advanced Encryption Standard) のサポート、カスタムセキュリティハンドラーのサポートを提供し、文書に関連付けられたセキュリティ許可の設定、変更、および既存 PDF 文書の暗号化の解除が可能です。
文書 / ページアクション
文書およびページアクション機能は、文書を開く、閉じる、保存する、印刷するときに実行する特定のアクションを定義します。例えば PDF フォームに対して、フォームを閉じる際にフォームを送信するアクションを設定することができます。この機能により文書に設定された、文書/ページレベルのアクション情報の取得と設定が可能です。 応答が高速かつ正確です。
文書への添付
文書への添付機能は、アプリケーションの、文書レベルのファイル添付をサポートします。ユーザーはすばやく簡単に、PDF ファイルに任意の文書を添付したり、添付した文書を編集、削除、表示することができます。また、アプリケーションは非同期に、チェックサム、説明、ファイル名、作成/更新日時、ファイルサイズなど添付ファイルの情報を取得することができます。
画像の変換
BMP、JPG、PNG、TIF、JPX など、様々な種類の画像を閲覧、作成、変換できます。
バーコード
バーコードは、オブジェクトの関連するデータを、機械が光学的に読み取れる形で表現したものです。元来バーコードは、平行線の幅と間隔を変えることによってデータを一定の規則に従い表現したものであり、一次元 (1D) バーコードなどと呼ばれます。後に四角形、ドット、六角形、その他幾何学模様の二次元 (2D) コードが普及してきました。2D のものは様々なシンボルを使用していますが、一般的には同じようにバーコードと呼ばれます。バーコードは多くの産業で幅広く使用されており、データ管理とアクセシビリティを改善し、アクセス制御システムを強化、生産性を向上させています。この革新的な技術は費用対効果が高く、実装が容易です。加えて、あらゆる業界、あらゆる規模の企業で、制限なくアプリケーションにバーコードを利用することができます。この SDK は、文字列からバーコードのビットマップを生成するための API を提供します。1D バーコード (Code39、Code128、EAN8、UPCA、EAN13、ITF) と 2D バーコード (PDF417、QR) を含む、バーコードの形式をサポートします。
ラッパー PDF
ラッパー PDF 機能は、PDF 文書に関連するバイナリデータを保存する方法をアプリケーションに提供します。通常、バイナリデータは PDF ファイルです。例えば、暗号化された PDF 文書を開いた際、ユーザーに文書へのアクセス権がないことを説明するエラーメッセージが表示されることがあります。このとき、ユーザーには PDF コンテンツにアクセスする権限はありませんが、ラッパーデータにアクセスすることはできます。SDK はラッパー PDF の生成、またはラッパーページを持つ既存の PDF ファイルからラッパー情報を取得する方法を提供します。
コンテンツマージン
通常、各ページは表示領域の他に上下左右の余白領域を持ちます。組み込みデバイスでは、この領域は大変貴重で、表示のためにこのスペースを活用することは有益です。コンテンツマージン機能は、利用可能なスペース拡張のために、ページの余白を縮小する方法を提供します。余白の境界を最小にすることで、相対的に小さなデバイスの画面で、できるだけ大きくページを表示することができます。これにより、同一の画面条件で優れたユーザーエクスペリエンスを得ることができます。Foxit PDF SDK は、すべてのページコンテンツの境界ボックスの分析と、背景/イメージのパスの検出の、二つのモードをサポートします。BMP、JPG、PNG、TIF、JPX など、様々な種類の画像を閲覧、作成、変換できます。
コンテンツのマーク
コンテンツのマーク機能は、PDF 文書の論理構造の情報の操作を支援し、タグ付き PDF の設定を可能にします。タグ付き PDF は標準の構造形式と属性を持っており、ページコンテンツを抽出して他の目的に再利用できます。PDF 文書内のコンテンツの一部を、マークされたコンテンツ要素として印をつけることができます。Foxit PDF SDK はページオブジェクトのマークされたコンテンツを、追加、編集、削除する API を提供します。

パッケージ

パッケージ 機能
Standard レンダリング
  • PDF を Bitmap に描画
  • PDF を Windows DC に描画
  • PDF を Apple Quartz コンテキストに描画
  • プログレッシブ処理
文書
  • しおりによる文書アクセス
  • 文書レベルの JavaScript の実行
  • 文書を開くためのパスワード保護
  • ビューワーの環境設定
  • メタデータ/文書のプロパティの取得
  • 文書レベルのアクション情報の取得
  • 文書レベルの添付ファイルへのアクセス
  • 文書レベルの添付ファイルの保存
  • ページラベルの取得
  • ラッパー文書の取得
ページ
  • ページインデックスの取得
  • ページのコンテンツマージンを取得
  • ページの境界を取得 (メディアボックス、トリミングボックス…)
  • 回転の取得
  • ページ JavaScript の実行
  • ページアクションの取得
テキスト
  • テキスト情報の解析
  • テキストの抽出
  • 検索
  • テキストの選択とコピー
  • URL 形式のリンクの抽出
  • PDF からテキストに変換
非同期
  • リニアライズのチェック
  • 最初に利用可能なページのインデックス
  • 文書の利用可/不可のチェック
  • ページの利用可/不可のチェック
  • フォームの利用可/不可のチェック
  • 文書全体のデータが利用可能になる前にページのレンダリングと表示が可能
PDF オブジェクト
  • 低レベル PDF オブジェクトへのアクセス
  • カタログ辞書の取得
  • 暗号化辞書の取得
リフロー
  • テキストと画像をリフローしてデバイスの画面サイズに調整
Edit PDF 文書
  • 文書の保存
  • PDF 文書の作成 (PDF 変換ではない)
  • しおりの追加と編集
  • 文書レベルの添付ファイルの挿入、編集、削除
  • メタデータと文書のプロパティの設定
  • ビューワーの環境設定
  • ページ操作 (PDF の分割と結合)
  • ラッパーファイル
PDF ページ
  • 新規ページ作成
  • ページの削除
  • ページの平坦化
  • ページアクションの設定/編集
  • メディアボックス、インデックス、回転などのページプロパティの設定
  • ページインデックスの設定
ページオブジェクトのアクセスと編集
  • テキスト
  • レイヤー情報の取得
  • コンテンツのマーク情報の取得と編集
  • 画像
  • フォーム X オブジェクト
  • パス
PDF オブジェクト
  • PDF オブジェクトのアクセスと編集 (配列、辞書等)
Image

Conversion
画像変換
  • BMP 変換 (BMP から PDF / PDF から BMP)
  • TIF 変換 (TIF から PDF / PDF から TIF)
  • PNG 変換 (PNG から PDF / PDF から PNG)
  • JPX 変換 (JPX から PDF / PDF から JPX)
  • JPG 変換 (JPG から PDF / PDF から JPG)
  • 以上の画像形式間での画像変換 (GIF ファイル生成は非サポート)
  • GIF 変換 (GIF から PDF)
Form フォーム
  • フォーム入力
  • フォームオブジェクトへのアクセス
  • JavaScript
  • FDF の読み込み/書き出し
  • フォームフィールドの編集
Annotation 操作
  • 注釈の取得
  • 作成
  • FDF の読み込み/書き出し
  • 編集
  • 削除
  • ステータスの設定
サポートする注釈の種類
  • テキスト (ノート)
  • フリーテキスト (タイプライター)
  • 長方形
  • 楕円形
  • 多角形
  • 折れ線
  • ハイライト
  • 下線
  • 波線
  • 取り消し線
  • スタンプ
  • 挿入
  • インク (鉛筆)
  • ポップアップ
  • ファイル添付
  • 透かし
透かし
  • 画像から作成
  • Bitmap から作成
  • テキストから作成
  • ページから作成
FDF
  • 注釈データの読み込み/書き出し
Barcode バーコード
  • バーコード Bitmap の生成
Security セキュリティ
  • 証明書
  • 文書の制限の解除
  • パスワード
  • 文書の制限の設定
  • 暗号方式のカスタマイズ
Pressure Sensitive Ink PSI
  • PSI の生成
  • PSI Bitmap を PDF 注釈に変換

御見積のご依頼

Foxit PDF SDK にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます。PDF に対して高品質なレンダリング、編集、操作する機能をターゲットアプリケーションに搭載する、パワフルな開発ソリューションです。オンラインフォームに必要事項を記入してお送りいただければ、確認後、直ぐに御見積をお送りいたします。

ノート:

  1. のSDKの御見積はメールを受信されてから 30 日間有効です。御見積をお受け取りいただいてから 30 日以上経過しますと、Foxitのセールスチームへ再度のご連絡が必要になる場合がございますのでご注意ください。
  2. ※は記入必須項目です


SDK製品
会社名
氏名※
メールアドレス※

emailにて御見積をお送り致します。記入後、再度のご確認をお願い致します。

メールアドレス(確認用)※
電話番号※
御社で主として開発している
ソフトウェアの種類をご記載ください
Foxit PDF SDKを使用して開発する
アプリケーションについてご説明ください
右の画像に表示されている
文字を入力してください※
captcha